白髪染めが皮膚についてしまったら

白髪染めが皮膚についてしまったら

自分で白髪染めをするとまれに皮膚に付いて取れなくなってしまうことがあります。髪を染める染料が入っていますから、石鹸でこすっても落ちにくく皮膚に長期間残ってしまいます。1週間もすれば落ちるのですが、直ぐに外出しなければならない際の色の落とし方を知っていると便利でしょう。こんなトラブルが起きた際の対処方法を紹介します。
白髪染めの色素が肌に付いた場合、色々な対処方法があります。女性の場合ではマニキュアの除光液をティッシュなどに取り、とんとんと叩くように色を落としてみましょう。色が付いて直ぐにやればある程度落すことができます。また、皮膚に刺激が無い方法で試したいならメイク用のクレンジング、オリーブオイル、歯磨き粉などで優しくマッサージする方法もあります。頑固な汚れがついて何をやっても落ちなければ、軽石やヤスリで皮膚の表面を擦る方法もあります。色素は角質の表面のみに入り込んでいるため、皮膚を軽く擦れば色が落ちやすくなります。入浴する際にはナイロンタオルで洗えば汚れが落ちやすいでしょう。
皮膚に色素が入り込まないようにするためには、髪の生え際に油性のクリームを塗りガードします。また、どうしても皮膚に色が移るのを防ぎたいなら、素手で濡れるタイプの無添加白髪染めを利用するのも良いでしょう。