妊娠中の白髪染めについて

妊娠中の白髪染めについて

妊娠中でも白髪染めはしても良いのでしょうか?医学的な根拠はありませんが、一般的には薬剤の影響を考えて避けるべきだといわれています。皮膚のなかでも頭皮は薬剤などの吸収が高いため、皮膚から入り込んだ成分がお腹のなかにいる赤ちゃんに悪影響を与えてしまうと考えられるからです。現代の妊婦さんは帝王切開の際にお腹を開くと、羊水で合成洗剤のニオイがするともいわれているようです。これが本当の話かは不明ですが、皮膚のバリアが弱っている人だと有害な成分を多く吸収させてしまうのかもしれません。妊娠中はホルモンの影響によって肌が過敏になる人が多く、皮膚の有害な物質を撥ね退ける力が弱っていれば白髪染めの成分が入り込んでしまうことも考えられます。
どうしても妊娠中に白髪染めを利用したいと思うなら、植物成分100%でできているヘナを使ってみたり、植物色素成分やジアミン系の成分が入っていない無添加白髪染めを利用するのも良いでしょう。お腹が大きい時は極力使わないのが一番ですが、出産までまったく使わないのも無理な話です。安全なものを選び、回数を制限すればそれほど気にする必要はないでしょう。また、お腹が大きいと自分で白髪染めをしにくくなるため、毎日のシャンプーでだんだんと染められる商品もおすすめです。