白髪染めで髪が緑色に?

白髪染めで髪が緑色に?

白髪染めで髪が緑色に染まってしまうという噂がネットで広まっているようです。単なる都市伝説かと思っていたら、本当に緑色に染まってしまった方もいるようなのです。これにはある条件がそろった時のみの場合で、普通に白髪染めの商品を買って使ったり、サロンで染めてもらった時に起こるわけではありません。実は間違った使い方によって発生していたのです。
この白髪染めによって髪が緑色に染まってしまう条件とは、短期間のうちに違う薬剤の白髪染めを使用したことによります。例えば美容院で白髪染めを利用した直ぐ後に、通販で売られている白髪染めを利用したら髪が緑色になったなどのケースです。これは違うタイプの白髪染めを使ったためで、薬品同士が化学反応を起こし髪が緑色に変化してしまったのが原因です。美容院で白髪染めをしてもらったが色が思っていたものと違ったなら、直ぐに自分で対処しようとせずにサロンに相談しましょう。白髪が少ない人が白髪染めを利用すると髪が真っ黒になってしまったり、思ったより色が濃かったというケースは意外と多くあります。もっと明るくしたいと思って直後に自分で対処してしまうと、髪の色が緑色になってしまう可能性もあります。