セルフカラーでも髪が痛まない方法

セルフカラーでも髪が痛まない方法

月に1回サロンに通うとなると面倒となってしまうため、たまにセルフカラーを楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。家庭で白髪染めをすると手間がないのがメリットですが、その一方で髪が痛みやすいのがデメリットです。サロンなら手早く染めてくれたり、最後にトリートメントできちんとケアしてくれてサラサラに仕上げてくれるのに、家で白髪染めをしたら髪がパサパサになったという経験をしたことがある方は次の方法を参考にしてみましょう。
まずは髪に優しい成分で作られた白髪染めを選びます。通販では無添加タイプの白髪染めが多数売られており、染料も合成ではなく植物から作られたものが配合されており髪が痛みにくくなっています。セルフケアでも髪にダメージを与えないため選んでみると良いでしょう。次に白髪染めをしたら最後にトリートメントをします。いくら髪に良い白髪染めを選択しても多少は髪に負担がかかってしまうため、最後にしっかりと髪をケアするのがポイントです。トリートメントを髪全体に付けたら直ぐに洗い流すのではなく、ホットタオルを巻いてさらにビニール素材のキャップをかぶり成分を馴染ませます。白髪染めを使った後はキューティクルが開きやすく、トリートメントで潤いを浸透させ蓋をするのがコツなのです。